追手門学院大学アメリカンフットボール部SOLDIERS » BLOG
主将#20 宮原 渉太〜SOLDIERS での4年間を終えて〜

BLOG

Viewing posts from the BLOG category

主将#20 宮原 渉太〜SOLDIERS での4年間を終えて〜

2021年度主将を務めました、宮原渉汰です。
昨年は目標である二部昇格を果たすことはできませんでしたが、日々の取り組みの中でスローガンである「無安魅離一」を体現することができました。コロナ禍の中で思うように練習ができなかったり、様々な障壁がありましたが、最終的にまとまりのあるチームになりました。コーチ、同期、後輩たちに心から感謝をしております。主将をすることで、人として成長することができました。
後輩たちには結果にこだわり日々の練習に取り組み二部昇格を果たして欲しいと思います。
追手門学院大学Soldiersに入部して本当に良かったです。これからも応援しています。ありがとうございました。

 

副将#6 中尾 嶺汰〜SOLDIERS での4年間を終えて〜 

副将#6 中尾 嶺汰〜SOLDIERS での4年間を終えて〜

2021年度副将を務めました、中尾嶺汰です。
コロナ禍の中、シーズを通しまして沢山の、ご支援、ご声援をしていただきありがとうございました。

ソルジャーズで過ごした4年間はあっという間でした。その中で、3回生時から、幹部になったことはすごく印象的です。幹部としてチームをまとめるのは簡単ではなかったですが、今思えばやってよかったと感じています。2部昇格という目標は成し遂げられませんでしたが、結果とは違う何かをチームに残せたような気がします。後輩達には、チームのスタンダードを上げ、2部昇格の目標を達成してもらいたいです。

4年間、多大なるご支援、ご声援、本当にありがとうございました。

副将#13 多林 律樹〜SOLDIERS での4年間を終えて〜 

4年間色々あった。アメフトをやるつもりはなかった。当時3部だったしその時のチームに魅力がなかった。ただアメフトが好きで、高校の同期がやるからやってみた。1回の秋シーズン中、当時のキャプテンが大麻で捕まり4部降格。部活活動中止、沢山の人が部から離れていった。親しいかった先輩や同期。そして、2回になりGPA問題があり、数少ない部員が試合に出れなくなった。僕もその1人。この一年が1番苦しかった。練習しても試合に出れへんもどかしさや、悔しさ。それでも試合に出れる人達でなんとか3部に上がれた。3回では、コロナでシーズンが無くなった。この年にコーチ陣が一斉に入れ替わりをした。お互い手探りでチームがまとまっていなかった。そのまま4回最後の年が来て副将となった。今までずっとちゃらんぽらんな奴が副将になんてと思った。でも主将ともう1人の副将に高校からの同期の2人だったからできた。去年よりコロナがさらに酷くなり勧誘活動がなかなか思い通りにいかず部員が少ない状態で試合に挑まなければならなかった。さらに去年からまともな練習ができていない2.3回生プラス新入生と4回の溝が大きかった。求められてるレベルがズレすぎて、全く練習にならずチームが崩壊しかけていた。それでもやるしか無いと腹を括り、4回だけでもやろって4回だけで話した。そんな姿を見てついてきてくれる奴もいた。日に日にチームが良くなり緊張感が出始め全員が前のめりにプレーしていた。秋シーズンでは僕たち4回の実力が不甲斐ないために2部昇格という目標には届かなかった。
それでもこの1年沢山の人に支えられました、家族、OBの方々、コーチ陣、マネージャー、応援してくださる皆様、本当にありがとうございました。
引き続きsoldiersを後輩達をご支援ご声援よろしくお願いします。

 

#24 小野 輝〜SOLDIERS での4年間を終えて〜

大学生活の4年間はとても思い出深いものになりました。
活動自粛やコロナ禍など、特殊な状況の中、フットボールに専念させて頂いたOB会、後援会、監督やコーチの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。いつになるかはわかりませんが、「soldiersにいたから今の自分がある」と胸を張って言える日が来るように、卒業しても高みを目指して頑張ります。

#29 中尾了慧〜SOLDIERS での4年間を終えて〜

アイシールド21が好きで中学校から始めたアメリカンフットボール。SOLDIERSもスポーツ推薦で入部しました。
1回生の頃は高校フットボールとは全く違いサインの多さや先輩達の厳しさにやられ早く辞めてやろうとばかり考えていました。しかし、年々大学のフットボールを理解していき、最終試合が終わった今ではまたアメフトがやりたいと思うようになりました。
これは単にアメフトが好きだからだけでなく、SOLDIERSの仲間、監督、コーチの方々、応援して下さる方1人1人のおかげです。就職してからはアメフトに関わる事が少なくなると思いますが、次はsoldiersのOBとして私達の目標であった2部昇格を応援したいと思います。
頑張れSOLDIERS !!

#77 中嶋 拓也〜SOLDIERS での4年間を終えて〜

大学から初めたアメリカンフットボールで何も分からないところからのスタートでしたが、自分なりにがむしゃらに取り組みとても楽しくプレーをすることが出来ました。 また、怪我によって練習に参加することが出来なかった時期もあり辛いこともあったのですがチームメイトやコーチの方々、父や母からの支えによって今の自分があると思っています。 このチームでアメフトが出来てとても幸せでした! 4年間ありがとうございました!

副将#6 中尾 嶺汰~SOLDIERSでの4年間を終えて~

2020年度、副将の3回生中尾嶺汰です。

 

今シーズンは異例づくしのシーズンでしたが、試合をできたことに感謝しています。OB会・後援会の皆様には日々ご支援ご声援をいただきまして、本当にありがとうございました。

私は3回生ですが、チームの幹部として1年間過ごせたことはすごくいい経験になりました。

この経験を生かして、最終学年を送ります。

来シーズンは2部昇格をしてシーズンを締め括りたいと思います。

これからも応援よろしくお願い致します。

 

3回生 中尾 嶺汰

主将#4 熊田 進吾~SOLDIERSでの4年間を終えて~

4回生 主将 熊田 進吾です。

今年はコロナウイルスの影響にも関わらずご支援ご声援頂きありがとうございました。

僕は、高校生からアメリカンフットボールを始め7年間フットボールを続けてきました。

入学当初は高校と大学でフットボールのレベルの差を知り毎日学ぶ事ばかりでした。

SOLDIERSでは、WRからQBにポジション変更した事が大きな思い出です。

毎日毎日学ぶ事ばかりでしたが、QBにポジション変更をしていなければ、今の僕は間違いなくいませんでした。

当時のヘッドコーチには感謝しかないです。

本当に沢山の知識を教えて頂き、フットボールだけではなく、人間としても成長が出来た4年間だったと感じています。

そして、人は変わろうとすれば変わる事が出来ると実感した大学4年間でした。本当にありがとうございます。

 

後輩達には今年成し遂げる事が出来なかった2部昇格だけではなく1部にも昇格し甲子園で試合していることを期待しています。

4年間本当にありがとうございました。

 

4回生 熊田 進吾

副将#69 佐藤 文哉~SOLDIERSでの4年間を終えて~

4回生副将#69 佐藤 文哉です。

4年間ご声援ありがとうございました。

僕は大学で何か新しいスポーツをしたいと思いアメリカンフットボール部を選びました。

大学から始めたアメフト、最初はわからないことだらけの毎日で不安に感じることも沢山ありましたが、沢山の周りの人の支えを受けながら4年間アメフトに打ち込むことが出来ました。

3回生・4回生では副将を務めました。

3回生の時は4回生が少ない中での副将でしたが、何も出来ずチームを引っ張る事ができませんでした。

その悔しさもあり、4回生でも副将を務めることにしました。

色々なことで沢山怒られました。

でも、これから社会人になる為に必要なことを沢山学ぶことが出来ました。

4回生の最後のシーズンはコロナウイルスの影響でリーグ戦をすることが出来なかったのですが、その中でも2試合も試合をする事が出来て良かったです。

4年間SOLDIERSでアメフトをする事が出来て、とても良い思い出です。

後輩達には、僕達が果たせなかった2部昇格の目標を果たして欲しいのと、長いようで短い4年間を悔いのないように過ごしてほしいです。

本当にありがとうございました。

 

4回生 佐藤 文哉

副将#58 後藤 凌太郎~SOLDIERSでの4年間を終えて~

4回生 副将 後藤 凌太郎です。

 

4年間SOLDIERSに関わって下さった皆様ありがとうございました。

毎年色々なことがあり、この4年間で技術面だけでなくそれ以外のところも成長することができました。

 

4回生のシーズンは、コロナウイルスによりなくなってしまいましたが大人の方たちのおかげで交流戦を2試合させていただきありがとうございます。

これからのSOLDIERSの活躍を期待しています。

 

4回生 後藤 凌太郎